プロフィール

本名はクロード・ボリロン。1946年9月30日にフランスのヴィシーで誕生し、幼少期をアンベールで育ちます。

9歳の頃に偶然にもツール・ド・フランスの自動車レースの通過を見てからは、将来カーレーサーになりたいという夢を持ち続けます。しかし、14歳の時に入れられた寄宿学校で出会った一人の生徒との運命的な出会いが、その後の人生の10年に大きな影響を与えます。ギターの弾き方を教えてもらい、自分で作った歌を生徒たちの前で歌ったり、夏季休暇中に、いくつかのラジオコンクールに出場しては何度も優勝するなど、芸術家としての才能が開花し始めます。

希望に満ちあふれたパリでの音楽活動

15歳の時に自分の人生を生きたい衝動に駆られ、わずかな所持金とギター片手に寄宿学校を飛び出します。

18歳で運転免許証を取得してカーレーサーになるために貯蓄をするのだと、パリに向かいます。パリでの3年間でストリート・ミュージシャンとして腕も上達し、その後はシンガーソングライターとしてラジオやクラブのステージを中心に活動するようになり、運転免許証を取得する貯金もできるまでになりました。

レパートリーは既に150曲を超えていたので、クロード・セレという名前で、1966年~1971年の間に5枚のレコードを発表します。

22才の頃、頻繁にレース場に観戦に来ていた時に、カーレーサーになりたがっている若者たちのレースへの熱狂ぶりに気が付き、スポーツカー雑誌の記者になって出版業界に身を置くことを決心します。

ジャーナリストとして、カーレーサーとして活躍

カーレースの出版界で働くことを決心したラエル氏は、クレルモン・フェランに引っ越しし、自ら出版社を設立しました。

自らジャーナリストとして人気のコーナーの記事を担当した出版雑誌は、発行部数を急速に伸ばして、短期間で業界トップクラスにまで成長します。それからすぐにカーレースに出る夢が実現し、初めから数々のレースで優勝し、自身の新たな才能に目覚めます。こうしてラエル氏は、自分の好きなカーレースの分野で喜びを味わいながら3年間を満喫します。

※ ラエル氏は、4度のF1ドライバーズチャンピオンに輝いた、アラン・プロストが卒業したシェル・ドライバーズスクールを、1970年に首席で卒業しています。

 

■ カーレーサーとしてのラエル氏の功績

1994年5月22日鈴鹿ジャパン。20年ぶりにレース復帰。6位に入賞します。

1997年5月25日デイトナ24時間。ポール・ニューマンに次いで3位で完走。

イベント情報のメール配信登録ご希望の方は

下記ボタンより是非ご登録ください!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Twitter
  • Facebook
  • アマゾン
  • ameblog